料理できない男はモテない?女性の本音はどっち!料理下手だと魅力がない理由は!

料理上手な男性

料理ができない男はモテないは本当なのか!

料理上手な男性

「イマドキ男子は料理ができないとモテない」とあちこちで言われていますが、果たして本当なのか。

料理のできない男性はもてないのか。

女性の本音を知るべく、1,000人の女性に「料理ができる男性と料理が苦手な男性、どちらが好きか」アンケートを実施してみました。

その結果と、そう感じる女性の気持ちについてみてみましょう。

男性は料理ができた方がいい?気にしない?

料理できる男性が好きか、料理ができなくても気にしないのか、女性の意見がこちら。

料理が得意な男性が好き:90.2%

料理ができない男性でも気にしない:9.8%

予想以上、というより圧倒的に料理が得意な男性を支持する意見で占められていました。

料理ができるかどうかが全てではないけど、という意見がある一方で、料理もできない男性は自立していると言えないという厳しい意見も。

圧倒的な恋愛における武器があるならまだしも、料理のスキルも磨いておかないと恋愛で勝ち抜くのは難しい時代だと言えるのかもしれません。

女性の意見をそれぞれ実際に見てみましょう。

料理が得意な男性が好き

料理の得意な男性

・料理を普段からしている男性の方が丁寧な生活をされているイメージを持ちます。また、毎回コンビニ弁当や外食ばかりだと浪費も多いため、金銭的にも無駄が多いと感じます。少しくらい下手でも普段からしてみている男性の方が好印象です。

・自分自身も料理をしますが自分の作った味に飽きたとき、やはり料理が出来る男性の方が良いです。男性の方が意外と凝ったものを作る人が多い気がします。健康面からもやはり自分で料理が出来るという点はとてもよいと思います。

・私が料理は全くダメなので、上手な男性に作ってほしいです。料理人は男性が多いですし、料理の手さばきってセクシーなので。料理ができるかどうかで恋人を選んではないですが、歴代の彼氏もよく料理作ってくれました。

・料理できない人は、その料理の手間暇や価値を知らないのでそのありがたさがわからないから。誰かの手料理や、外食するときなど、食べるときの話題やテンションにもかかわってくるので、価値観の違いにもつながってくるので。

・若い頃は、料理ができる男性は苦手でした。勝手なイメージで、自分の女性としての立場がなくなると思っていたからです。年齢を重ねるにつれ、やはりできる男性が良いと思っています。家庭をもったときに簡単なご飯くらいは作れないと、何かあったときに頼れないと思います。特に子供ができたら、ある程度協力して欲しいとおもいます。

・全く料理ができない人だと、ご飯を毎回作ってくれるのが当たり前というようになるような気がしてあまり好みではないです。美味しくなくても普段から料理をしている方が自立していて魅力的に感じます。男っぽい料理にキュンとします。

・付き合うならどちらでもいいですが、結婚相手なら、出来る男性です。付き合う時は好きだから料理もまだ楽しいですが結婚するば毎日料理作るのが大変。自分が料理は好きではないので、作れる人がいいと思います。1人で作るより2人で作るほうが楽しいし早いのも理由です。

・料理はある程度練習しないとうまくなりませんが、人をもてなしたいという気持ちがあれば努力すると思います。それが出来る男性はとても思いやりがあると思います。また、料理以外のことでも家事全般について女性の大変さをわかってくれている感じがします。

・私自身食べるのが大好きなので、美味しいものをたくさん作ってくれそうなイメージ。それに自分の料理に自信がないので余計に作ってくれると嬉しいです。そしてできれば一緒にキッチンに立って、色々教えて欲しいです。

・人は皆、多少料理が出来た方が良いと思います。そして料理は女性がするものだと考えている人もまだ少なくないと思いますが、その中で料理ができるというのは、他の事に対しても性別に関する価値観が古臭い偏見に捉われてなそうだと感じる為です。

・料理ができる男性の方が、一緒に食事を楽しめるから。私が作った料理にも的確なアドバイスをしてくれたり、ちょっとした工夫にも気づいてくれそう。またお互いに料理を振る舞い合うことで、人に作ってもらう喜びを一緒に感じることができるから。

・料理ができないよりは、できた方がいいと思うから。料理ができる男性の方が大人として自活力がある印象を受けるし、もしできなかったとしても料理をする気、今後覚えて頑張ろうという気持ちがあれば良いと思う。料理ができる方が実家暮らしのマザコン男性ではない可能性も高いと思う。

・自分があまり料理が得意でないので、料理が得意な方が素敵に思える。また、将来的に料理のできる男性の方が共働き時代の今にうまくマッチしていると考えるからです。買い物に行くときなども、料理ができる人だと食材を見ながら提案もできるだろうし、「今日何が食べたい?」という返事によっては主婦の地雷ワードにも「昨日は魚だったから肉料理のアレ」など、うまく答えてくれそう。

・料理が出来る男性の方が、自立をしているイメージがあり万が一今後に家庭を持った際にも夫婦で家事分担が出来るため異性として好みます。また、拘りの調理方法や味があった方が人間としての奥深さに興味が湧くと思います。

・出来ないよりも出来た方が良いです。物凄く忙しい時、帰りが遅くなった時、用事が立て込んでいる時に料理の作れない男性だと、早く作れと催促するか、コンビニやデリバリーで余計な出費をするしかありませんが、料理が出来る男性なら自分で作って、食べてくれます。

・料理は食材の買い出しから盛り付けまでいくつもの行程で成り立っていて時間や手間暇がかかるので、そういう作業を好んで出来るのはある程度の忍耐力や向上心の備わった人だと思うからです。また、万が一私が先に他界しても自炊して自分や子供の面倒を見ていける人の方が頼りになるからです。

・自分が料理を全然出来ないので作ってくれると嬉しいなーと思って選びました。また、交際相手に料理を作って貰ったら、自分も料理やっていこう!とやる気になると思うので。互いに作り合える関係が最高だと考えています。

・料理出来ないと1人暮らしの場合、どういう食事しているのだろうと勘ぐってしまう。健康に気を遣って無さそうなイメージがある。将来結婚したいと思っても、料理出来ないと自分にばかり負担がかかるから、ある程度できないと無理。

・料理のできる男性は器用な印象で魅力的に感じます。美味しい料理を一緒に作ったり、食材や調味料の買い物もして楽しみたいです。自分が忙しい時や体調が優れない時に、自分で料理ができる男性だと安心します。料理をしている姿も好きです。

・料理ができる男性は、そもそも料理は女性がするものという先入観を持っていない人が多いように感じるし、そのほうが当然好印象。実際に、休日でも夕食でも男性が料理を担当してくれると助かるし、うまくいくと思う。

・自分自身料理が得意ではなく、食への関心も人に比べたらあまり強くないと思う。美味しいものを食べたいとは思うけれど、自分の手では作れないのでパートナーに作ってもらえるととても嬉しく思う。また、料理は女性の仕事というイメージが強く、あまり好ましくないなと感じているから。

・自分もある程度できるが、お互いに意見を出し合ってレパートリーを増やしたり、よりレベルアップしたものを作りたいと思うので。また、食事の心配をしなくていいので、共働きになったときに、より仕事に力を入れられそう。

・基本的に料理ができる男性はかっこいいと思います。私自身があまり料理が得意ではないので余計にそう感じるのかも知れませんが、男性に料理を作ってもらうのはすごく好きです。魚を捌いたり、千切りなどをしている姿は素敵だと思います。

・私自身が料理が好きではないので、料理のできる男性だと、気軽に作ってくれるかもと期待を込めて選択した。週末のお昼だけ作ってくれるとか、何かのイベント時に一緒に作ったりしてくれると嬉しい。また、風邪等の体調不良時に、簡単なものを作ってくれるとありがたい!

・料理が得意ではない男性となると、料理以外の家事も苦手そうなイメージがある。料理のできる男性なら、家庭をもった時でも、料理なんかを作ってもらうこともできるし、他の家事の手際も悪くなくて助かりそうだから。

・どうしても自分自身が料理できない場合(病気して寝込んでしまった時や残業で帰宅が極端遅くなった時)に料理の出来る男性だと女性側の負担が軽減されるため。料理も家事の一部のため家事分担のためにも料理できる男性が良いと思います。

・両親が共働きで父親も家事全般をしていたので男性も料理ができて当たり前と思って育ったことと、ガスや火を使わせるのが危ない子供では無いのだから自分の食事や身の回りのことは自分でするのが大人だと思うため料理のできない男性は好みではないです。

・食生活がきちんとしてそうだから。一方的にこちらに料理を作らせることにならなそうだし、料理の大変さや手間暇がわかっているので、こちらに変に高いハードルを要求してこなさそうだから。ご飯を作ってくれそうだから。

・生活力がある人間の方が印象が良いです。たまには男性側の手料理も食べてみたいです。料理ができる女性がいないと生きていけないなんて、人として終わってると思います。引きます。最低限の料理スキルはあってほしいです。

・私は料理が得意です。料理が得意ではない男性達と付き合いました。包丁がぎこちなく、手際が悪すぎて洗い物だらけになったり、ゴミが散らばり見てられなくなりました。頑張って作ってくれるのは、本当愛らしく嬉しいですが、付き合いたての頃だけで充分で見てられなかったです。料理は作れる男性の方が好意を抱けます。

・料理がある程度自分で出来る男性のほうが、細かい苦労をわかってくれて労ってくれることが多いためです。例えば疲れて帰宅した日の夕飯に何が食べたいか聞いたとき、簡単にカツ丼で良いよ。等と言われたらイラッとしてしまいます。カツ丼は食べるのは簡単ですが作るためには米を炊きカツに衣を付け油で揚げ、割り下を作りカツを煮込み卵でとじてカツ丼が完成します。その後油の処理やキッチンの油汚れの掃除も必要になります。料理のできる男性ならばこの苦労がわかるため上記のような適当な発言をすることが少ないと思われるからです。

・すごく得意では無くて良いので、ある程度、料理の知識と技術を持っている男性が好みです。一緒に美味しい物を作ったり、男の手料理を食べてみたいと思います。一緒に料理ができると楽しいですし、コミュニケーションも取れます。二人の趣味にできたらいいと思います。

・何事も出来ないよりは出来た方がよいです。特に私は料理が得意ではないので、男性が嫌がらず、むしろ率先して料理を作ってくれると有難いですし、助かります。料理ができる男性ならば、私も料理を教えて欲しいです。

・生活する上で、得意な事柄が多いにこしたことないからです。確かに味にうるさくて、作ったものに文句言われたりするのは嫌ですが、お互いが料理できた方が、生活する上で両輪となり、全くできないよりかなり助かると考えるからです。

・食べるという行為は皆生きる上で必要なため、料理ができる、また料理をする上で必要な知識や行程をちゃんと知っているというのは、食事を作る相手(レストランやお店の人含む)への気遣いもできると思います。得意じゃないからあまりやらない、という方は、料理をしてくれた人への態度や気持ちが横柄になりがちだと感じます。

・女性ばかりが作る役、という風に決まってしまうとレパートリーも限られてきますし、忙しい時や体調不良の時などは男性が食事を作ってくれるのはとても助かります。そういう点でも男性もある程度料理のできる人のほうが断然良いと思います。

・できれば料理ができる人がいいなって思います。二人で一緒に作ったり楽しめそうだからです。二人で何か楽しめるものが一つでも多ければ会話も増えると思いますし、どちらか大変な時に役割を補うことができるからです。

・食べる事や食べ物について語り合うのが好きなので、どちらかというと料理ができる人の方が、食材や作る工程の事まで話が広がるので好みです。ただ余りにも手さばきがプロすぎるのも、揚げ物や海産物の取り扱いが苦手な私の立場が無くなって困りますけれどね。

・相手が料理できる男性であればデートでも一緒に料理をして楽しめたり、もし結婚してから自分が料理できない場合でも安心して料理を頼める。また、料理を普段しない人に買い物を頼むと金額を気にせずに買ってしまいがちだが、普段から料理してると上手に買い物もしてくれそうだから。

・男性だから料理ができない、しないというのは時代遅れだと思っていることが大きな理由です。生きていくということを考えたときに、料理ができる男性のほうがパートナーとして頼りになりますし、むしろこれからの時代はそれが標準になってほしいなと感じているためです。

・もし結婚したり同棲したりしても、即戦力だから。家事を手伝ってくれたり、教えてくれたり、共に悩んでくれたりする可能性が高いから。また、料理が苦手な自分にとって料理は死活問題であり、実家をでたら料理してくれると助かるから。また、田舎暮らしをしたいから、手伝ってほしいから。

・将来的に一緒に過ごすこととなった際に協力し合えることが一番の理由です。また、料理が得意ということは色々な作業も要領よくこなすことができそうで料理以外の一面にも興味が持てますし、同時に好感も持てると思います。

・自分が料理が得意ではないため、料理ができる、料理に楽しんで取り組むことができる人は男女に関わらずあこがれています。なのでもちろん、料理ができる男性が現れたらあこがれると思いますし、好ましいと思います。

・女性が仕事をすることが当たり前の時代なので、結婚した際に料理ができる男性の方がどちらかが仕事で遅くなったり、体調不良の時などに料理が作れる男性の方が頼りがいがあると思います。また、男性は凝り性なイメージがあるので、女性が作らないような料理を作ってくれそうなので、楽しめるような気がします。

・料理を手際よく作れる人はマルチタスクのこなせる人だと思うからです。要領の良い人の方が頭が良いと思います。料理した後に調理器具などの洗い物、ゴミが散らかってたりすると幻滅してしまいます。記念日や特別な日にサプライズで作ってもらえたら嬉しいです。

・自分が作ると自分時間がなくなるから男性ができると助かる。家事分担ができる。料理ができる男性だと、共にキッチンで料理を楽しめそう。自分自身があまり料理が得意ではないので、おいしいものを作って欲しいし、教えてほしい。

料理ができない男性でも気にしない

料理が苦手な男性

・自分も料理は作れますが得意なわけではないので、気楽でいいです。自分の料理や調理方法に対して細かいこと言われるのも嫌だし、一緒に時短料理を作ったり、外食楽しんだり、ジャンクフード食べたりしたいなと思います。

・料理が得意でなくても、一緒に料理を作って楽しめるので、そのほうが好みです。料理ができる男性には、私が作った料理も批判されてしまうのではと不安になります。自分はただ食べるだけだと、申し訳ない気もします。

・料理が得意な男性は一般的に好意を持たれそうですが、家庭料理のレベルなのかプロレベルなのかにもよるかもしれませんし、ご本人様の性格もあると考えますが、こちらが作った料理に対して、いやいや、この味は無しでしょ、ここはこういうふうにしたら等々、私もプライドが高く、そこそこ料理の知識を学んできたので、言うような方は嫌です。能ある鷹は爪隠す的な料理ができる男性は歓迎しますが。

・得意すぎる男性と食事を共にした時に料理の話になった時に面倒臭い。実際、料理が得意な男性と結婚したことのある友人の話を聞いたら逐一女性が作った料理にチャチャを入れてくると言うことを聞いて自分がそうなったらしんどいなと感じたので。

・料理はしなくて結構なのでどんどん稼いできてほしい。わたしが社会になじめない性格なのでパートナーには社会に積極的に出て行ける人が望ましい。料理はこちらが得意なので任せてくれて良いので、どんどん外でお金を稼いで欲しい。

・あまり得意ではないけど一生懸命作ってくれる男性にグッときます。自分もあまり料理は得意ではないのですが、休日などに一緒に台所に立って(時に喧嘩したりもしながら)話し合いながら作るのも素敵だなと思います。あとは、料理が得意な男性だといざ自分が作った時に批評されそうで少し怖い気がしてしまいます。

・料理ができる男性だと、自分よりも上手そうなので最初は嬉しくても途中からコンプレックスを感じてしまいそうだから。それに料理が出来る人は味にもうるさそうなので、もし結婚をしたら毎日食事にケチをつけそうで嫌だから。

・まず、私は日頃あまり自炊をしておらず、料理が得意ではありません。基本的に自分の作る料理に自信はないので、男性の方が得意でいられると、自分の女性としての価値が低いような感覚になってしまうため、男性にはあまり料理をしてほしくありません。そして、料理が得意な男性というのは、食べた瞬間に何の調味料が足りないのかなどがすぐ分かると思います。自分が作った料理に、「この風味が足りないね。」などと言われてしまいそうなのがこわくて、後ろめたく思ってしまいます。

・自分が作ったときに料理ができる人だと味のダメ出しや作り方に対して口うるさそうなので、料理が得意ではない男性の方が良いです。料理が得意ではなくても凝った料理じゃなく、普通の料理を作ってくれるだけて十分です。

・料理ができる男性だと、私が料理をしている時に都度口出しをされそうなのが嫌だし、細かく色々チェックされたら面倒くさい。料理ができない人は、変にプレッシャーを感じなくて済むし、おいしければ細かいところまで口を挟むことはないため。

・料理が得意な男性なら一人でもやっていけると思うから。また、こちらが作った料理に感想を言うだけならまだしも、自分流で味付けまでも変えられてしまいそうでそれは嫌かなと思います。それならば料理が得意ではない男性が好みです。

・自分より得意だと、作った料理に口出ししてきそうだから。料理が苦手な方が、作った料理に対して喜んでくれたり感謝してくれそう。たまに外食にも連れて行ってほしいので、自分では作れない男性の方が抵抗がなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です